男女の髪の悩み相談室

男女の髪の悩み相談室 サイトイメージ

男性や女性の年代によって髪の毛の悩みは変わるって本当?

髪の悩みを抱えているのは男女年齢問わずでしょう。

男女の年代によっても悩みはそれぞれ悩みは変わってきます。まず男性ですと早い人では20代後半から、遅い人ですと40代後半くらいから薄毛に悩まされます。前からはげる人や頭のてっぺんからはげる人などがいます。また、女性ですと30代くらいから髪のつやがなくなってきます。

そして40代50代になりますと髪にハリもなくなりパサパサな髪質になったり、ボリュームがなくなってぺちゃんこになって老けて見られるようになってしまいます。そうならない為にも日ごろからのケアをしっかりとおこなうことが大切でしょう。

年代によって髪の悩みは変化する?

年代によって髪の悩みは変化する? イメージ

髪の悩みは人それぞれと言われていますが、男女でもその悩みに違いがあり、男女の年代によってその悩みはかなり異なることになります。例えば、20代の女性の髪の悩みは、髪のぱさつきやクセ毛、髪のツヤなどとなります。

若い女性を対象としたシャンプーのCMなどを見ても、ダメージヘアーに対するもの、ぱさつき、ツヤに関するものが目立つなど特徴的な内容となっています。

髪のぱさつきはパーマ、カラーリングの影響が大きいと言われています。そして、髪の毛の手入れを怠るとぱさつきやすくなってしまいます。

パーマなどをすることによって髪の毛の表面がザラザラし、ツヤもなくなり、結果として全体的な髪の悩みにつながります。日々のトリートメントを大事にすることが20代の女性には求められます。

40代の女性になると、髪のハリがなくなるという悩みが出てくるようになります。

これは年齢によるものが大きく、細胞の衰えにより、髪の毛自体が弱弱しくなったり、栄養が行き届かなくなったり、閉経などで女性ホルモンが減少したりして髪の毛のハリ、コシがなくなることが言われています。

また、年を重ねてからカラーリングをする人も多く、そのことが追い討ちをかけることもあるため、20代の女性以上にヘアケアをしていくことが必要です。

髪の毛のハリなどを改善するには、バランスのよい食生活を心がけること、生活習慣の改善をすることなどが必要となります。

一方、男性の場合、こちらも年代によって大きく異なります。若いうちはそこまで悩む人もいないですが、父親などがハゲているという人は自分もハゲてしまうのではないかと先行きを不安視する人が多くいます。

若いうちからできることは髪の毛に悪い影響を与える要因を取り除くことです。例えば、喫煙は髪の毛周辺の血流を弱め、血液の流れに乗って運ばれる栄養素が届かなくなり、結果としてハゲにつながります。

脂っこい食事なども要因となるため、こうしたものを避けていくことが大切です。実際ハゲてしまうと、そこから髪の毛を取り戻すのは相当な努力が必要となるため、そうならないようにすることが先決となります。

白髪で悩む高齢者の場合は、栄養のバランスなどを考え、ミネラルを重視した食生活をとっていけば改善される傾向にあります。

このように年代によって髪の悩みは様々ですが、年代に関係なく髪の毛の悩みは尽きないということが明らかであり、若いうちからのケアが必要です。

TOP