男女の髪の悩み相談室

男女の髪の悩み相談室 サイトイメージ

髪の毛と生活習慣には密接な関係が?生活週間を改善すれば…?

髪の毛に良い生活習慣とはどんなものがあるのでしょうか。

洗髪の習慣、夜寝る前には、1日の頭皮汚れや髪の皮脂汚れを落としておくほうがいいです。整髪料などを使っている場合は、しっかりと落として寝るようにしてください。次に食習慣です。

肉類は高コレステロール食品なので、食べる量が多いと血液中の脂質が多くなって皮脂の分泌が過剰になります。タバコやお酒も悪影響を及ぼします。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるので血流が悪くなってしまいます。

髪と生活習慣に密接な関係が?

髪と生活習慣に密接な関係が? イメージ

生活習慣と言うと、メタボとか健康寿命に影響があるというように捉えますが、実はそれだけではなくて、髪の毛にも大きな影響を与えているのです。

生活習慣の代表的なこととしては、食生活ということがあります。食生活が乱れれば、抜け毛や薄毛が増えます。

髪に栄養が行き渡らなくなるからですし、皮脂の分泌が多くなって髪が成長しにくくなるということもあります。

特に肉類の摂りすぎは、肉の中の脂肪が身体に蓄積され、その後排出されようとして、汗などと一緒になるのですが、汗腺がもっとも多く汗を掻きやすい頭部では、皮脂が毛穴を詰まらせるということになり、髪の毛が抜けやすい土壌になってしまうというわけです。

また、その他の食生活ということに関しても、栄養バランスを考えた上で、身体に良いものを摂取していないと健康を損なうことになりますが、髪についても全く同じことなのです。

タバコは生活習慣病で最も避けるべきものとされていますが、ニコチンなどの有害物質は、身体全体の血行を悪くすると同時に頭皮の血行を鈍くし、毛根や毛髪に栄養を行き渡らせなくします。

アルコールは、適度であれば血流を良くする働きがありますが、過剰摂取になると一時的な血流は良くなるものの、肝臓に負担を与え、機能が低下し、発毛に必要な新しい細胞を作ることができなくなります。そして、ストレスも大きな影響があります。

過度のストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩すので、髪の成長を悪くします。

仕事で悩みが多いとか、行き詰まっているとかの場合でストレスがたまったら、解消することを行わないと髪の毛に影響が出ます。

ひどくなると、円形脱毛症と言うようなことにもなります。ということで、身体の健康という場合、フィジカル面とメンタル面での両方のケアが必要とされていますが、髪の毛に関しても両方のケアが必要なのであり、健康に悪い影響を与えるものは、髪の毛にも悪い影響を与えるということなのです。

加えて、髪に関しては洗髪方法などにも注意する必要があります。数日に一度しか洗わないとか、一日に何度も洗うとか、極端な人がいますが、髪が抜けやすくなる恐れがあります。

さらに、よく髪染めをしていたり、パーマを頻繁にかけているという方は頭皮が傷つきやすくなって、栄養不足となり、抜け毛や薄毛を進めてしまいます。

シャンプーも洗浄力が強すぎると、頭皮に保っておく必要がある皮脂まで落としてしまうことになりかねないので、注意が必要です。

TOP